春の訪れ

本多絵美子です。
 あっという間に春になり、花々の美しい季節になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

 私は先日、この夏に参加する温泉郷美術祭2011の為、
群馬県中之条町へ
e0100408_0235189.jpg
展示場所の下見に行ってきました。
中之条町の中でも、温泉郷美術祭2011が行われる四万地域は、まだ桜が咲いていました。
カモシカが居たり、猿がいたり。今の時期は、春に目覚めた熊も居る、そんな自然豊かな温泉地。
とってものんびりした時間が流れていました。
人々と共に育ってきた様々な建物を見学したり、何処からか聞こえてくる滝の音を聞いたり、
どんな展示になるのか今からワクワクしています。
[PR]
# by azukimushi_web | 2011-05-14 00:24 | メンバー

なつやすみ展の風景

様々な場所で活動する18名の作家が集まり、
千駄木にあるフリュウギャラリーで展示をしました。
穏やかな空気のながれる千駄木では、
お散歩途中の方が観てくださったり、
期間中に、根津神社のお祭りが行われたり、
ゆったりとした時間が流れていました。
e0100408_12271384.jpg
入り口周辺。
引き戸を開ける音が、いい感じです。
e0100408_12272714.jpg
平面作品や、創作面、木彫の作品たち
e0100408_12274585.jpg
入り口窓際には、小さな動物たちがお出迎え
小さな木彫の動物作品とともに、身につける形の作品も
e0100408_12275780.jpg
木彫の羊さんと、スウェーデンからやってきた作品たち
e0100408_1228913.jpg
ギャラリーのメインアーチ(?)のそばで、木彫のウォンバットがお出迎え
奥にもたくさんの作品たちが見えてきます。
e0100408_12282425.jpg
木彫や陶のうみの生き物、空の生き物が集まったり
e0100408_1229225.jpg
動物たちの集まりを窓からのぞく木彫作品があったり。
e0100408_12301978.jpg
様々な人が描き込んで行くことで進んで行く絵本があったり
e0100408_12303838.jpg
大きな優しい微笑みの木彫のオラウータンさんがいたり
空に旅立つ犬がいたり
e0100408_12305260.jpg
テーブルの上には,木彫の動物たちがいたり
e0100408_12321047.jpg
山々が出現したり
お花の生える木彫のウミウシさんは、会期中に5回お花が生けかえられて、空間に彩りを与えてくれました。
[PR]
# by azukimushi_web | 2010-09-24 12:34 | 展示

小豆蟲のなつやすみ 展

小豆蟲のなつやすみ展 終了致しました。

たくさんの方々に出会い、
たくさんのことを学ぶ展示となりました。

次はどんな展示になっていくのか、
どんな作品が生まれてくるのか
小さな力でこつこつと、進んで行きます。
e0100408_2235974.jpg

[PR]
# by azukimushi_web | 2010-09-23 02:24 | 展示

小豆蟲のなつやすみ展

今日から始まりました!
あんな場所やこんな場所、立ち止まるたびに様々な なつやすみ に出逢えます。
e0100408_0444094.jpg

[PR]
# by azukimushi_web | 2010-09-11 00:45 | 展示

小豆蟲のなつやすみ 展

e0100408_12264232.jpg
4年ぶりに復活する小豆蟲の展示です。

今回の展示テーマは「なつやすみ」

誰にとっても経験のある夏休み、たのしかった、優しかった、痛かった、笑った、
たくさんの思い出があります。
 夏休みに見つめる情景や、昔の思い出、、そんな作家たちの夏休みに日常を、
18人の作家が、彫刻や、絵や、工芸や、色んな形で展示します。

出展作家:
新井 達也 荒井 涼子 石井 奈緒 おかだ よしお 岡本 真希 鹿島 久実 勝田 えみ
久保 寛子 谷口 智宏 戸張 晴菜 はしもと みお 本多 絵美子 松浦 恵美 皆川 朋子
丸橋 光生 七搦 綾乃 Tobias Alm Biatrice Brovia

 
   展示期間 : 2010年9月10日(金)~9月22日(水)
                    9/16(木)休廊
    時間   : 12時~19時 ※最終日15時まで
    場所   : FLEW GALLERY(フリュウ・ギャラリー)
           住所 : 東京都文京区千駄木1-22-29 白石ビル1F
           電話 : 03-5685-6840
           Mail : info@flewgallery.jp 

小豆蟲公式ホームページ:http://azukimushiweb.bob.buttobi.net/

お近くにお越しの際は、小豆蟲の世界へお立ち寄りください。
[PR]
# by azukimushi_web | 2010-09-04 12:27 | 展示

はじめまして。

e0100408_047272.jpg

はじめまして、広島から参加させて頂く丸橋といいます。
広島も毎日暑い日が続いています。しかもしばらく雨が降っていません。夕立すらないのです。あまりに雨が降らないので、水不足になったりしないのだろうか?と少し心配になりますが、さっき広島のダムの貯水率をネットで調べたら、以外とまだ大丈夫なようでした。いずれにしても早く涼しくなって、雨も少しは降ってほしいものです。(写真は今日前を通りかかった時に撮影した原爆ドームです)

今回私は、はしもとさんから声を掛けてもらって、小豆蟲参加させて頂くことになりました。
小豆蟲は浪人生のころに一度見たことがあり、すごく熱気を感じたのを今でも覚えています。あと、会場を見終わったあと受付の方に「アズキムシ(小豆でつくった虫の彫刻?)」をもらったことも今思い出しました!なので、あれから7,8年経つと思うのですが、こうやって誘ってもらって参加するというのは、なんとも感慨深く不思議な気持になります。また参加メンバーの中には予備校の後輩やお会いした事がある方もいたりして、思いがけず一緒の展覧会に参加することを嬉しく思います。久しぶりの東京での展示ということもあり展覧会とても楽しみにしています。

e0100408_0474698.jpg

これは小豆蟲に出すものではなく、知り合いに頼まれて今作っている木製の脚立です。彫刻をやっているとか、木を彫っているとか言うとたまにこんな感じで、彫刻ではないものの制作依頼もやってきます。この後ステップの部分を付けたりして、最後着色を少し工夫して、古びた感じを出して完成させます!
[PR]
# by azukimushi_web | 2010-08-26 01:42 | メンバー

お客様

再びこんにちわ。

こちらも夏です。昼間は日差しが強いですが、でも夜には蟲の声一つない静けさです。

e0100408_1112995.jpg


私の作業場にはいろんな人がふらりと訪れてくれます。
なかでも一番のお客さんはMIRAさん。
二歳になったばかりのトビアスの姪っ子です。

e0100408_0574326.jpg


おたけびと共に私の作品に突進。
ころころ転がしたり、投げたり。。。。

e0100408_0591734.jpg


誰かが自分の作品に触ってくれること。
何かを肌で感じてくれること。
人が私の作品に触れたいと思ってくれることに私はとても喜びを感じます。
e0100408_1124886.jpg

[PR]
# by azukimushi_web | 2010-08-15 01:15

せんぱい。

e0100408_944988.jpg

せんぱいの大森暁生さんが、次回平櫛田中邸での展示会に参加してくれます。

大森さんのアトリエはとても広くて、かっこいい、彫刻をするみんなにとって、憧れのばしょでした。
とっても気さくな先輩で、アズキムシの話をしたら、いいよ〜!と言ってくださり、見事実現しました。旧作で、展示してくださるようです、みなさん、お楽しみに!

思ったのは、勇気を出して話しかけてみよう、という事でした。
私、いつも展示会場に作家さんがおられても、遠くでもじもじ見つめる程度しかできない性格でした、が、作家さんは、自分の憧れる人ほど、とても気さくな人ばかりです。
きっと、本当にいい作家さんは、私たちとも気負いなくフレンドリーに話してくれるはず。
みんなも、会場で大森さんを見つけたら、話しかけてみてくださいね!
e0100408_9441425.jpg

彫刻一本で生きている大森さんの生き方は、本当に見習うものがあります。
先輩ががんばっているんだから、自分たちもがんばらねば!とおもいます。
そうやって日本各地で彫刻をがんばっている仲間が増えて、彫刻列島になるといいなと日本地図を見ながら思いました。
[PR]
# by azukimushi_web | 2010-08-14 09:58

夏野菜

小豆蟲メンバーの本多 絵美子です。
色も味も元気な夏野菜をいただきました。
先日焼き上がった陶のウォンバットくんと
e0100408_13591880.jpg

[PR]
# by azukimushi_web | 2010-08-10 13:59 | 日常

スウェーデンよりこんにちわ

はじめまして、ブログ投稿させていただきます。
メンバーの岡本です。

スウェーデンでの生活ほぼ二年経ちました。
いろんな人に出逢い、いろんな作品に出逢い、今またこうして小豆蟲に参加できることとても光栄に思います。

今回の制作には動き出せるまでに大分時間がかかりました。
というのも、過去の自分と今の自分の間に大きなギャップがあるように感じ、どこからはじめればいいのか、スタート地点を見失ってしまったからです。

あれこれ考えていてもいかんと思い、やっとこさ手を動かし始めました。

そうしているうちに、ひとつ、またひとつと、私の思い描く夏休みの思い出を演じてくれるコマが生まれました。

e0100408_19255077.jpg



この子達がどんなたたずまいをフリュウギャラリーで見せるのか産みの親ながらにとても楽しみです。

e0100408_19185885.jpg

[PR]
# by azukimushi_web | 2010-08-08 19:30